保育の現状 | 保育士などの教育に関わる仕事をしよう~オシゴト調査隊~

保育士などの教育に関わる仕事をしよう~オシゴト調査隊~

保育の現状

保育の求人、給与相場を解説します

勉強

子ども達の元気な笑顔に癒されて、大変だけれどもやりがいのある保育の仕事は、女性だけでなく男性も就く事が増えている職業の一つです。 やりがいだけでなく、やっぱり気になるのは給料ではないでしょうか。 そこで、保育業界の求人について、給料の相場にフォーカスしてご紹介します。 まず、保育園では資格がモノをいいます。求人を見る時には、最初に必要な資格欄をチェックしてみましょう。 保育園によっては、保育経験があれば、サポート役や事務として働けるという職場もあります。 このサポート役ですと、例えば東京都内ではアルバイトで約1000円程度、契約社員や正社員で15万円からというのが一般的です。 これに比べて、保育士資格を持っていると、給料面で優遇されます。 アルバイトで時給1500円程度、契約社員や正社員で月18万円からとなっています。 条件や場所によっては、25万円以上からスタートというケースもあります。

人材の取り合いが始まっています

全国的に、自治体では長年の問題でもあった待機児童がいる状態を解消しようという取り組みが始まっています。 横浜市は全国に先駆けて行政が取り組み、待機児童を大幅に削減した例として知られています。これに続けとばかりに、各地で保育園を利用したい人が利用できるように環境整備が始まっています。 こうして、保育の求人も活発化していて、各地で保育業界の人材の取り合いが始まっています。 この人材の取り合いがあると、自然と働き手を集めるために、求人内容が充実する傾向に向かっていくと予想されます。 実際に、以前よりも給料面を見直して、給料アップしましたという企業は多く見られます。この人材不足の状況はしばらく続くと見られています。