保育士などの教育に関わる仕事をしよう~オシゴト調査隊~

現在と今後の傾向

保育の求人の方法と利用

勉強

現代社会において保育士としての職業は人気のある職業とされています。子供と接することので教師や保育士は今も昔も人気の職業です。しかし、働くことのできる場所があればどの保育園でも良いという考えを持っている人は昔と比べて少なくなってきています。より待遇の良い所を選択する保育士が多くなってきています。公的若しくは民間では、十分な保育士を確保できていない所が多くあるのが実情です。これは、一部の好待遇な所へ流れていっているといった事も理由の一つです。求人を行うには、ハローワークといった無料の求人や求人雑誌に掲載するといった方法があります。双方を活用する事で多くの方の目にとまる確率が高くなるので、双方を利用することをおすすめしまs。

現在の需要と今後の予測

求人は多くあると言われていますが、これが正規の職員ではなく、臨時的な任用である場合も多くあります。実際公的な保育園では正規雇用に対する予算がないため、臨時職員として求人掲載しているケースも多くあります。 子供の人数は日本国全体でみれば減少傾向にありますが、依然求人は増加しています。民間企業の新規参入とともに保育園が増加し、それに伴い、求人も増加しています。待遇としては、給与や休暇等、比較的に良いとされている保育士の職業は今後も人気の職業であり続けることは予測できます。 需要も今後急激に減少していくことは考えられません。有能な保育士を国の基準に定められた数にあわせて確保できるかが、各保育園の課題です。